自分流儀のダンディズム♪

メンズファッション・映画・音楽など好きなことを好きなように綴っています

会えば必ず喧嘩勃発?歴史上で有名な犬猿の仲だった人たち

職場や学校などで何か失礼なことをされたとか明確な理由があれば相手を嫌うのは当然ですが、取り立てて何もないのに何故か「あいつのことは気に障る、いけ好かない」と思うことがありますよね。 そしてそんな空気を出しているとそれは必ず相手にも伝わるもの…

プロ野球 あまり知られていないがとてつもない5つの大記録

コロナ禍で遅れていたプロ野球の開幕が6月19日に決まりました。野球ファンは待ちに待った開幕ですがその陰で夏の甲子園が中止になり球児たちの落胆は察して余りありますね。 そこで今回はそんなプロ野球の偉大な記録の話です。 アスリートには記録を残すタイ…

映画「ヒート」の前日譚は絶対に映画化して欲しい!

「ヒート」は1995年に公開されたマイケル・マン監督、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ主演 のクライムアクション映画。 「ゴッド・ファーザーPartⅡ」以来の大物ふたりの共演で話題になりましたが、「ゴッド・ファーザー」では直接の絡みはなかったので…

ステイホームにおすすめ!Amazonプライムで観るWOWOW社会派ドラマ5選♪

今回のコロナ禍で望むと望まざるとにかかわらず自宅でのリモートワークになった方も多くおられます。 しかし仕事ばかりではストレスやイライラの原因になり作業効率も落ちてしまいます。そんな仕事の合間にじっくり堪能できるドラマを観るのも息抜きになりま…

「孤独のグルメ」における井之頭五郎さんの食事マナーについて重箱の隅を突っついてみた

「孤独のグルメ」は原作・久住昌之、作画・谷口ジローの漫画をテレビ東京によってドラマ化された作品で、2012年のシーズン1から2019年のシーズン8まで。 そしてその間もスペシャルが何作も放映された番組で主人公井之頭五郎を演じる、松重豊さんの当たり役と…

セラピー犬が持つ人を癒す魔法の力とドッグセラピーの医学的効果

現代医学では比較的新しい治療法ですがその効果が注目されているのが「ドッグ・セラピー」 セラピーとは従来用いられてきた投薬や手術を伴わずに、心理療法と主に対話や軽い訓練などで病気やけがなどの症状の改善をはかろうとする治療法です。 中でも自閉症…

「稼げない男はクズ」は本当なのかを稼げなかった男が考えてみる

asagei.biz つい最近ネットを賑わせ賛否両論(否の方が圧倒的に多いようですが)のを意見が飛びかったこちらの話題。 加藤紗里さんのことはあまり知らなかったので調べてみるとこれまでにも何かと炎上騒ぎを起こしていたようですね。 まああの世界では芸人さ…

スクリーンで出会った5人の素敵でカッコいい女性たち♪

rintaro95.hateblo.jp アメリカ・フォーブス誌の統計によると2016年に映画でセリフを与えられている登場人物のうち女性の割合は28.7%。 また興行収入1億ドル以上を突破したいわゆるメガヒットと呼ばれる作品のうち女性が主人公の映画は2010年には25%。 つ…

読み始めたら涙腺崩壊!超おすすめ泣ける小説傑作10選♪

rintaro95.hateblo.jp 泣ける小説は体にいい! 映画やドラマは映像や音楽が目や耳からダイレクトに入って来るので、哀しい場面や感動的なシーンでは否応なく観る側の感情に訴えますが。 文字の世界は読む側のイマジネーションも重要になりますね。 それは書…

飲食店の無断キャンセル問題!逮捕や訴訟は抑止力になるのか?

news.livedoor.com 多くの飲食店を悩ませている予約の無断キャンセル、いわゆるNo show問題でついに偽計業務妨害容疑で逮捕者が出ましたね。 偽計業務妨害 虚偽の風説を流布しまたは偽計を用いて人の業務を妨害する罪 流布とは犯人自身が公然と文書、口頭で…

ほんとは生きていた?!日本史に残る7人の生存伝説を検証してみた⭐︎

日本史には「実は生きていた!」とまことしやかに生存伝説が語り継がれている人物がいますね。 特に日本はこの類のエピソードが多くなんとイエス・キリストや楊貴妃も実は生きて日本に逃れたと言う伝説があり、イエス・キリストは青森県に楊貴妃は山口県にお…

あなたは大丈夫?飲食店側から見たスタッフ泣かせの迷惑行為7選!

飲食業の中でもお酒を扱うお店を営んでいるとそれこそ毎日様々なタイプのお客さんが来店されます。 特に紳士的でマナーが良く楽しい時間を過ごされて帰り際に「ごちそうさまでした。美味しかったです」とスタッフを気遣ってお声かけして下さるお客さんとの出…

【コーデの基本はベーシックから】大人が揃えておきたい7つの定番アイテム♪

ビジネスシーンや友人関係など周りに「この人おしゃれだな」と思う人が必ず何人かはおられますよね。 ここでそんな人たちのコーディネートの特徴を思い浮かべてみてください。若い世代に限らずミドルエイジもおしゃれな人は「定番アイテム」をうまく取り入れ…

ダンディーを目指すなら腕時計から!センスと機能で選ぶ大人におすすめブランド12選♪

ビジネスパーソンにとって腕時計は単に時間を確認するための道具ではなく、持つ人の価値を高めステイタスを保証する重要なアイテム。 そうなるとある程度のポジションにつくミドルエイジならやはり立場に見合った腕時計を身につける必要がありますね。 スー…

覚えておいて損はなし!ミドルエイジを必ずおしゃれに変身させる10か条!

0.5秒! これが何を意味する時間だと思いますか?実は人間が初めて会った異性を「好き」か「嫌い」かを脳が判断する時間なんです。 会ったばかりで相手の性格など分かるはずはないですから、もうこれは男性も女性も完全に見た目で決めているということになり…

スーツにリュックはアリかナシかを極私的に考察してみた♪

ビジネスシーンでのドレスコードも多様化し、最近ではスーツにリュックという姿も当たり前のように見られるようになりましたね。 またその需要が増えるにしたがって各ブランドからも、ビジネスリュックが数多く販売されるようになりました。 そしてそうなる…

映画「テイキング・チャンス」戦死者はどのように家族の待つ家に帰って行くのか

静かな作品です。 戦場や戦闘シーンもなく戦死した兵士を遺族の元に送り届ける、その様子を淡々と描いただけの内容。 それでいて観る者に様々なことを問いかけてくるようで心を揺さぶられます。 「テイキング・チャンス」ストーリー 2004年イラク戦争当時。…

大和魂とダンディズム!金メダリスト西竹一と硫黄島の悲劇

「オリオンピックの英雄、バロン・ニシ。君は立派に軍人としての責任を果たしたのだ!ここで君を失うのは惜しい。こちらに来なさい。われわれは君を手厚く取り扱う!」 ロサゼルスオリンピックで金メダル獲得! 1932年ロサンゼルスで開催された、第10…

ルチアーノ・バルベラからジャンニ・アニェッリそしてウインザー公へ洒落男の系譜!

イタリア最高のウェル・ドレッサー!ルチアーノ・バルベラ イタリアの生地メーカー「カルロ・バルベラ」のオーナーでイタリアのファッション業界で知らない者はいない洒落男。 1968年に「VOGUE」に掲載されたことで一躍そのお洒落ぶりを広く知られるようにな…

写真で一年を振り返る京都の四季巡り!今年もいろいろ行きました♪

今年も残すところあと一日になりました。もうすっかりお正月の準備も終えてゆっくり過ごされている方も多いでしょうね。 個人的にどんな一年だったかと言われたら、良くも悪しくも振れ幅の大きな一年でしたが、今年もまた去年に引き続き地元のいろんなところ…

中野浩一!ヨーロッパで今も尊敬されている日本が誇る伝説のアスリート!

日本政府が将棋の羽生善治竜王と囲碁の井山裕太7冠に国民栄誉賞を授与する検討に入ったと言うニュースが話題になってますね。 個人団体合わせて過去に24名の受賞者がいますが、国民栄誉賞は主に首相が発案して内閣府が検討し決定という流れで授与されます。 …

立石斧次郎!幕末に全米女性を熱狂させた若きサムライ「Tommy」♪

立石斧次郎。 この名前を聞いてピンと来る方はおそらくそんなに多くはないと思います。 しかしこの斧次郎こそ1856年、日米修好通商航海条約が時の駐日総領事ハリスと幕府の間で締結されて以来、今日に至るまでアメリカでもっとも愛された日本人。驚異のモテ…

今年のクリスマスチキンはこれで決まり!超簡単丸焼きローストチキン♪

今年も12月に入っていよいよ残すところあと一ヶ月になりました。この時期になるともう毎年恒例の街中がクリスマス一色になりますね。 通りはライトアップされどこに行っても趣向をこらしたツリーが飾られ、一気に華やいだ雰囲気に変わりましたね。 ハロウィ…

天下の副将軍はこの人だった!知られざる奇跡の名君保科正之

天下の副将軍と言えば真っ先に葵の印籠でお馴染みの水戸黄門を思い浮かべますね。しかしあれは完全にフィクションの世界で、水戸藩主は江戸に常駐することが義務付けられていただけで「副将軍」という役職も光圀がそうであった事実もありません。 ところが実…

京都路地裏アブナシュラン!三つ星の体験をして来ました♪

京都は繁華街でも比較的古い街並みがまだ残っていて、祇園や先斗町でも昔ながらの路地がたくさんあります。 そんな路地の奥に隠れた名店があって自分だけの店を発見するのも楽しみのひとつでもありますね。 それとは逆に良く言えば昭和の香りがする、悪く言…

お気に入りの過去記事を10本選んでみたを自分もやってみた!

最近は多忙を極めそれに加え生来の横着怠惰な性格も相まってブログを更新が長期間疎かになってました。 まぁよく言えば満を持していた、平たく言えばサボっていたわけですがそろそろまた再開したいと思っております。 当ブログの更新はまだかと一日千秋の思…

読み始めたらもう何も手につかない!超おすすめ国内冒険小説傑作10選♪

た 日本の小説に初めて「冒険」という言葉が使われたのは1896年、森田思軒が「十五少年漂流記」を抄訳し「冒険奇談 十五少年」とタイトルをつけたことが始まりなんですね。 その後文壇は純文学全盛になり冒険小説(ハードボイルド)が小説のジャンルとして扱…

読み始めたらもう眠れない!超おすすめ海外冒険小説傑作10選♪

か 海外における冒険小説は伝承文学の発生と同じくらい古く、西欧古代文学にはすでに冒険的要素のある小説がありました。 大航海時代には数多くの海洋冒険小説が生まれ、この時代が冒険小説の源流と言ってもいいでしょうね。 それが現在の日本では昔に比べて…

圧倒的論破!幕末ペリーを黙らせた林大学頭の交渉術!

幕末の外交は弱腰だったのか?ペリーの砲艦外交で開国させられたのは事実なのか?実はペリーに敢然と立ち向かい日本有利の交渉を勝ち取った人物がいます。林大学頭復斎。彼の交渉術とは?弱腰と言われた幕府の情報戦の緻密さとペリーを黙らせた林の交渉術を…

天下分けめの関ヶ原は徳川家康VS石田三成ではなかった!?

天下分け目の関ヶ原の戦い。通説では「徳川家康対石田三成」の対決ですが、果たして真実は?当時の人々の印象は?新しい解釈を考察してみました。