読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分流儀のダンディズム♪

ファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

当て逃げされた!歩道を走る自転車は本当に危険だと思った話し

スポンサーリンク
 

 

 

2015年6月自転車に関する道路交通法が改正され、それ以前自転車の交通違反は「赤キップ」だけしかありませんでしたが、改正により「青キップ」が適用され警察の取り締まりの幅が広がりました。

 

自転車の危険運転で死亡事故まで起きており、社会問題にまで発展したのは記憶に新しいところですね。

 

私は自転車には乗らないので法改正には、正直あまり関心はなかったのですが自宅近くの歩道を通る自転車には「危ないなぁ」と感じることも度々ありました。

 

ところが今朝自転車に当て逃げされてしまったぁ!

 

毎朝の愛犬との散歩中はいつも道路の左端を歩くようにしています。今朝もいつも通り道路の左端を歩いていると、そのさらに左を自転車がかなりのスピードで通り抜けようとしたんですよ。

 

スポンサーリンク
 

 

通り抜けるには無理があるようなスペースで右側を通ればいいものを、何故かその男はかたくなに左を通ろうとします。もししたら思想的に「左翼(ひだりつばさ)君」だったのかも・・・。

 

          f:id:rintaro95:20160306140451p:plain

 

結果愛犬に接触!その瞬間リードを引っ張ろうとしたのですが、愛犬が驚いて更に左へ寄ろうとします。普段は大人しいのですが大型犬のパワーはやはり凄いものがあります。

 

で、そのままバランスを崩した私は思い切り顔面から地面に激突・・・。自転車がそのまま疾風の如く去って行くのを呆然と眺めるだけの私。

 

通りがかったご婦人がふたり「大丈夫ですか?」と声を掛けて下さったのですが、私の顔を見た途端に絶句!

 

ダンディズムはやせ我慢だぁと「なあに大丈夫ですよ、ははは」とダンディーに立ち上がり、お礼を言って立ち去ろうとしたのですが気持とは裏腹に激痛のために立てない。

 

心配そうに助けて下さったご婦人が「あのぅ・・・血が・・・」もう表情はほとんど引きつってましたね。

 

「えっ?血?」ぶつけた顔の右側をおそるおそる触れてみると「なんじゃこりゃ~!!!」

 

なんと手にべっとりと血がついているではありませんか。「救急車呼びましょうか?」と親切におっしゃってくださいましたが何とか立ち上がり「大丈夫です。ありがとうございました」とお礼を述べ顔面と右膝の痛みと闘いながらようやく自宅へ。

 

そして鏡を見てみると顔の右半分が裂傷と腫れで完全崩壊・・・(泣)警察に届けてもおそらく事情を聞かれ調書を取って終わりでしょうからねぇ。

 

今とりあえず患部を冷やしてますが皆さんも暴走自転車にはくれぐれもお気をつけ下さい。

 

しかし許せん!

 

 

rintaro95.hateblo.jp