自分流儀のダンディズム♪

元料理人そして元バイヤーがファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

本・小説

書評「成功している男の服飾戦略」男の運命は見た目で変わるのか?

「人はその制服どおりの人間になる」ナポレオン・ ボナパルト。 イタリアやイギリスでは昔から「「スーツを買いに行く時には女房を連れて行くな」という言葉があります。 何故なら女性は自分の趣味で夫の服装を選ぶからで、スーツを買う時の基準が「自分好み…

百田尚樹「フォルトゥナの瞳」人の運命が見えたらあなたはどうしますか?

「フォルトゥナ」ローマ神話に伝えられる運命の女神。運命の車輪を司り人々の運命を決めるという・・・。 主人公木山慎一郎ある日電車の中で、吊革を握っている男の手首から先が透けているのを目撃する。 それ以降体の様々な部分が透き通った男女を目撃する…

繰り返し何度も読んだ小説をランキング形式で振り返ってみる♪

rintaro95.hateblo.jp 繰り返しもの第二弾!密かにシリーズ化しようと目論んでいる今日この頃です(笑) 第一弾が「映画」だったので映画の次はやっぱり「本」でしょうとなりまして、今回は小説を中でもエンタテインメント作品に絞って行ってみたいと思いま…

全自分が泣いた2!泣ける小説極私的ベスト5を選んでみた♪

<a href="http://rintaro95.hateblo.jp/entry/2015/07/19/%E6%81%8B%E6%84%9B%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%81%AA%E3%82%89%E3%81%93%E3%82%8C%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%81%EF%BC%81%E7%8F%A0%E7%8E%89%E3%81%AE%E3%82%AA%E3%82%B9%E3%82%B9%E3%83%A1%EF%BC%…

恋愛小説ならこれを読め!珠玉のオススメ3作品♪

あらゆる小説のジャンルで「恋愛小説」は定義付けが難しいジャンルですね。 アクションでも本格推理でも、恋愛の要素を含んだ小説は数多く存在します。 ここで紹介する小説も果たして「恋愛小説」のジャンルに入るのか疑問を感じる方もおられるでしょうが。 …

冒険小説ならこれを読め!読まずに死ねない5作品♪ 海外編

冒険小説ならこれを読め!読まずに死ねない5作品♪ 日本編 - 自分流儀のダンディズム♪rintaro95.hateblo.jp 海外における冒険小説は、伝承文学の発生と同じくらい古く西欧古代文学はすでに典型的な冒険小説であったようです。 海外編は冒険小説好きなら必ず読…

冒険小説ならこれを読め!読まずに死ねない5作品♪ 日本編

冒険小説ならこれを読め!読まずに死ねない5作品♪ 海外編 - 自分流儀のダンディズム♪rintaro95.hateblo.jp 書評家北上次郎氏が「冒険小説の時代」を出版したのが1990年。 それまでスパイ物、警察もの、犯罪ものなど別々にカテゴライズされていた作品を「冒…

雑誌「LEON」が凄すぎる件!

最近は若い世代からシニア世代まで、様々な年代向けの男性ファッション誌が、次々と創刊されていますね。 中でも「LEON」チョイ不良(わる)オヤジという言葉を流行させた、中高年に向けたファッション誌の、ハシリと言ってもいいと思います。 しかしその後…