読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分流儀のダンディズム♪

ファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

宝塚歌劇団の「ブス25箇条」当たり前だがとても大切なことだと思う件について♪

コラム
スポンサーリンク
 

 

 

宝塚歌劇団のモットーは皆さんご存知の「清く正しく美しく」

 

これは創設者小林一三氏が歌やダンス演劇はもちろん礼儀やマナーをわきまえ、ひとりの女性として社会人としての品格を失わないようにと贈った言葉だそうです。

 

しかしこの教えとは別にもうひとつ裏の教えがありそれがこの「ブス25箇条」!

 

これは歌劇団のある場所に貼られていたそうですが、いつ誰が貼ったのか未だに謎で真相は語られていません。

 

伝説の教えと言われているその「ブス25箇条」とは?

 

 

         f:id:rintaro95:20160211110142p:plain

 

    1. 笑顔がない
    2. 御礼を言わない
    3. おいしいと言わない
    4. 目が輝いていない
    5. 精気がない
    6. いつも口がへの字のかたちをしている
    7. 自信がない
    8. 希望がない
    9. 自分がブスであることを知らない
    10. 声が小さくいじけている
    11. 自分がもっとも正しいと信じ込んでいる
    12. ぐちをこぼす
    13. 人をうらむ
    14. 責任転嫁がうまい
    15. いつも周囲が悪いと思っている
    16. 他人に嫉妬する
    17. 他人につくさない
    18. 他人を信じない
    19. 謙虚さがなく傲慢である
    20. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
    21. なんでもないことに傷つく
    22. 悲観的にものごとを考える
    23. 問題意識を持てない
    24. 存在じたいが周囲を暗くする
    25. 人生において仕事において意欲がない

出典:sakuramama.jp

 

スポンサーリンク
 

 

この25箇条が貼りだされたとき誰もが立ち止まって見入っていたと言います。確かにこの中に当てはまることがひとつでもあれば、やはり周囲の人はいい気持ちがしないでしょうね。

 

当たり前と言えば当たり前のことですが、これをすべて実行している人は少ないのではないでしょうか?

 

          f:id:rintaro95:20160211112747p:plain

 

これをきちんと実行している人それは周囲に光を与えられる人ですね。そしてその光が自分自身に反射して自分を輝かせてくれるそんな風に思います。

 

ほとんどが気持ちの持ちようを語った言葉ですが、これはタカラジェンヌだけではなく万人に当てはまる言葉ですね。

 

確かにこれらの言葉をいつも心の中に持ち続けていれば、毎日が気分よく前向きに過ごせるように思います。そしていつも前向きな人は魅力的ですね。

 

ぐちや嫉妬は周りを不快にさせいつしか周りを遠ざけてしまいます。人は辛い状況になると「何故こうなってしまったんだろう」と自問自答することがありますね。

 

でもひとつだけ確かなことは原因はすべて自分にある」そう考えることが大切です。

 

改めて読んでみると当たり前のことですが、自分に照らし合わせてみると深い言葉ばかりですね。

 

ほんとうに大切なことは「当たり前」の中にある。そんなことを感じる言葉でした。

 

 

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)

宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座 (講談社+α文庫)

 

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp