読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分流儀のダンディズム♪

元料理人そして元バイヤーがファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

自分を変えたい!そう思ったときに観たい3本の映画♪

スポンサーリンク
 

 

 

人は落ち込むようなことがあると「今のままの自分ではダメだ」そう思うときがありますね。

 

そのようなとき何をきっかけにすればいいのか、私は映像を観ることも選択肢のひとつとして有効だと思います。

 

さてそんなとき自分にパワーを与えてくれるおすすめ作品を3本紹介します。

 

有名な作品なので以前に観たという方も多いでしょうがリスタートのきっかけとしてもう一度観ればまた前回とは違った印象を持つかも知れないですよ!

 

まず一本目は。

 

「イエスマン”YES”は人生のパスワード」

 

ジム・キャリー主演のコメディー映画。

 

3年前に離婚した主人公のカールはネガティブな性格で友人からの誘いや、パーティーの招待もすべて答えは「ノー」。

 

昇進の望みも断たれ友人との仲も崩壊寸前!「このままでは孤独死してしまう」と思ったカールは旧友ニックの誘いでとある自己啓発セミナーへ。

 

ここでセミナーの主催者のテレンスからこれからはなにがあっても「イエス」と答える誓いを立てさせられます。

 

半信半疑で「イエス」という生活を始めてみるとカールの生活はそれまでと一変!ハチャメチャでになりますが、これまでにない経験をすることでカールの人生は充実したものに変化を見せます。

 

そしてアリソンという女性と巡り合い・・・。

 


イエスマン "YES"は人生のパスワード(字幕版) (予告編)

 

原作者のダニー・ウォレスの実体験をもとに制作された映画ですが、彼はこう語っています。

 

「新しい人生を始めようとする人や卒業する人、これはチャンスです。人生をつかみ機会を受け入れて、毎日の生活の中にある可能性をつかみ取って下さい。そしてその行いをより良い人生にするために役立てて下さい」

 

人は自分に自信が持てないとき、先が見えないとき目の前にあることを「ノー」と否定しがちですが、自分から行動を起こすことによって確実に自分を変化させることが出来る。

 

そんな観る者を前向きな気持ちにさせる人生を変えたい人にはおすすめの作品です。

 

 

 

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

そして2本目は。

 

「幸せのちから」

 

ウィル・スミスと息子のジェイディンの親子共演でも話題になった作品です。

 

医療機器セールスマンの主人公クリスは最新型スキャナー機器を売り込み、家計を安定させようとしますが高額な医療機器はまったく売れず。

 

たちまち家計は苦しくなる一方で妻には去られ、家賃も払えなくなり遂に家主から追い出され遂にクリスは息子とふたりホームレスになってしまいます。

 

シェルターに身を寄せるクリスト息子のクリストファー。そこでクリスは証券会社に入とうと決意します。

 

証券会社の人事課長に猛烈にアピールしなんとかインターン研修生として入社することが出来ますが・・・。

 


幸せのちから 予告編

 

 この作品もホームレスからミリオネアになった男の実話をもとに制作されました。

 

クリスがどんなときも諦めずにいれたのは何故か、それは息子クリストファーとの絆であり自分が置かれている環境を変えようと行動したこと。

 

それが彼の「幸せのちから」なんですね。自分の未来は自分の行動で創り上げていくもの。

 

なにかにくじけそうになっているとき、諦めの気持ちが芽生えたとき是非観てほしい作品です。

 

 

幸せのちから コレクターズ・エディション [DVD]

幸せのちから コレクターズ・エディション [DVD]

 

 

3本目の作品は・・・。

 

「フォレスト・ガンプ 一期一会」

 

第67回アカデミー作品賞を受賞したトム・ハンクス主演のヒューマンドラマ。

 

主人公の名前ガンプとはアラバマで「うすのろ」「間抜け」という意味を持ちIQは低いが誠実に人柄で人生を生きた男の人生を描いた作品です。

 

バス停のベンチに腰掛けたフォレストが隣に座った人に語り掛けるかたちでストーリーは進行します。

 

幼少期から学生時代そして軍隊での戦争体験、卓球で全米チームに入った頃や会社設立までフォレストの淡々とした語りにぐいぐい引き込まれて行きます。

 

設立した会社で設けた資金をフォレストは「果物の会社」に投資するのですが、彼が投資したのは果物の会社ではなくなんとベンチャー企業時代のアップル!

 

その後アップルが上場したことによってフォレストは有り余るほどの大金を手にします。

 

そした幼なじみで愛するジェニーとの再会、そこでフォレストはジェニーとの間に息子で出来ていたことを知ります。

 

しかしジェニーは不治の病におかされ・・・。

 


【CM】映画「フォレスト・ガンプ 一期一会」TVCM トム・ハンクス(1995年)

 

作品のキャッチコピーで劇中に出て来る言葉「人生はチョコレートの箱、あけてみるまでわからない」

 

これは「チャレンジしてみなければ結果はわからない」つまりチャレンジすることによって何かを変えることが出来るという意味なんですね。

 

どんなときも今ある現実を受け止め真っすぐに生き愚直なまでにひとりの人を想い続ける、なにかに迷ったとき真っすぐな気持ちを忘れそうになったとき観たい作品です。

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp