大人の着こなし基本は「首もと」!秋冬におしゃれ度アップをさせる4つのアイテム♪

スポンサーリンク
くびもと

 

 

 

昔から首もとは男の命の象徴であり、おしゃれのキーポイントでもあります。古来より戦闘の際に着用された鎧でも、首もとには必ず防御のための意匠がほどこされていますね。

 

f:id:rintaro95:20161112133514p:plain      f:id:rintaro95:20161112134113p:plain

 

 

そして命のシンボルである首もとをおしゃれのポイントに変化させたのが、18世紀イギリスでダンディズムの象徴と言われたボー・ブランメル。

 

ブランメルは1枚の白い布を芸術的にのり付けして、首にふんわりと巻いていました。これを当時「ネック・クロス」と言い現在のネクタイのルーツであるとされています。

 

ネック・クロスの巻き方においてブランメルはイギリスの上流社会を驚嘆させ、驚くべきことに彼がその日どんな巻き物で街に姿を現したのか、毎日新聞で報じられていたそうです。

 

今もロンドンのダンヒル本店の前には彼の銅像が立っています。やはりダンディズムの象徴と言われるだけのことはありますね!

 

 

f:id:rintaro95:20161112135952p:plain      f:id:rintaro95:20161112140030p:plain

 

 

男の着こなしの基本は首もとです。ここがキマらなと全体のシルエットがだらしなく映ります。これから本格的な寒さがやって来ると、首もとを飾るアイテムが活躍する季節になりますね。

 

マフラーやストールで首もとを立体的にすることによって、全体のシルエットをシャープに演出してくれます。防寒対策のためだけではなくおしゃれ度をアップさせるためにこれらのアイテムを活用したいですね。

 

首もとを飾る4つアイテムのおさらい

 

マフラー

一般的に防寒目的で目の細かい襟巻で、毛糸で編まれたものが多く主に冬に使用するアイテム。

 

           f:id:rintaro95:20151106145427j:plain

 

私が愛用しているのは定番のモノトーン。どんな服装にも合わせやすいので便利ですね!

 

おすすめブランド♪

 

Johnstons(ジョンストンズ)

 

1797年以来スコットランドでウールやカシミヤの高級素材でマフラーやスカーフを作り続け、マフラーと言ったら真っ先に浮かぶ有名ブランド。ジョンストンズなら間違いなし!

 

 

 

 ストール

マフラーよりも大判で肩にかけることを目的としたものがストールです。生地も様々で冬だけではなく春や秋も使えるアイテムで、男性は細くたたんでマフラーのように使う人も多いですね。

 

           

           f:id:rintaro95:20151106145923j:plain

 

米軍の兵士がサウジから持ち帰りファッションアイテムとして広がったアフガンストールは、カジュアルでもおしゃれ度をアップさせてくれる優れものです。

 

 

おすすめブランド♪

 

Loro Piana(ロロ・ピアーナ)

 

1936年イタリアで創業された最高級のカシミヤとウールを取り扱うブランド。特にスーツやシャツが有名で、個人的にもシャツはイギリスのターンブル&アッサーと並んで最高の品質だと思います!

 

 

 

スポンサーリンク
 

 

 ショール

他のアイテムとは違い衣類に分類されるのがショール。ストールよりもさらに大判でかぶったり肩にかけたり着用するもの。

 

           

           f:id:rintaro95:20151106145659j:plain

 

大判ストールと呼ばれることも多いショールですが、首もとや肩にボリュームを持たせたいときには便利ですね!

 

おすすめブランド♪

 

ETRO(エトロ)

 

1968年ミラノで設立され「ペイズリー柄」で世界を席巻したブランド。90年代からショールやネクタイその他小物類はセンスが良くて上品なデザインで、ミドルエイジにもピッタリなトータルブランドです!

 

 

 

スヌード

マフラーの先端をなくして筒状にしたネック・ウォーマーがスヌード。元々は女性がつける網状のヘアバンドのことでしたが、今では頭からすっぽり被るものをスヌードと呼びます。

 

           f:id:rintaro95:20161112151509j:plain

 

冬に愛用している帽子とお揃えのスヌード。一番のお気に入りです!

 

おすすめブランド♪

 

BURBERRY(バーバリー)

 

名前を言えば誰でも知っている超有名ブランドですね。1856年創業当時は主にアウトドア用の衣料品を扱っていましたが、トーマス・バーバリーによって考案された「ギャバジン」という生地で革命を起こしたイギリスの誇るブランド。お馴染みの柄以外にもデザインも豊富でおすすめです!

 

 

 

 

マフラーやストール結び方の基本は?

 

マフラーやショールの結び方や巻き方は特に決まりはなく、愛用者は各自で工夫されているようですね。

 

巻き方で注意することはただひとつだけ!ネジネジにはしないこと!

 

ネジネジにするとコーディネートが難しくなり、首もとや胸もとを重く感じさせるのでしない方が無難です。ネジネジは中尾彬さんにお任せしましょう!

 

覚えておきたい3つの結び方

 

首もとは着こなしの基本ですが、ミドルエイジはやはり「悪目立ち」するような巻き方よりも、シンプルで上品な巻き方をしたいですね。

 

ニューヨーク巻き

 

            f:id:rintaro95:20161112182304p:plain

 


マフラーの巻き方 by ORIHICA

 

スーツやコート姿にピッタリでエレガントな巻き方です。あまりカチッとした巻き方よりも若干ふんわりとさせた方がよりおしゃれ度が演出出来ます。

 

ピッティ巻き

 

            f:id:rintaro95:20161112183153p:plain

 


ピッティ巻き

 

ミラノ巻きとも言われるイタリアでは定番の巻き方です。フィレンツェで行われる世界最大のメンズプレタポルテの見本市「ピッティ・ウオモ」に集まる関係者がしていた巻き方。立体感とボリュームのある巻き方で、スーツにもカジュアルにも合うスタイルです。

 

ワンループ巻き

 

            f:id:rintaro95:20161112184652p:plain

 


ワンループ ストール・マフラー巻き方 |メンズストール通販 DAZZLE

 

アウターを選ばないマフラーの定番の巻き方ですね。ひねったりクロスさせたりバリエーションを楽しめます。

 

冬は首もとを変化させることでおしゃれを楽しめる季節です。男の着こなしの基本は首もとにあり!

 

これをいつも意識していろんなスタイルにチャレンジしてみましょう!

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

 

広告を非表示にする