ピカソ、ウォーリーを探せ、そして楳図かずおの共通点はキーワードはボーダーシャツ♪

スポンサーリンク

   f:id:rintaro95:20151123125532p:plain

 

共通点などなさそうな三人ですが、意外なことにこの三人には立派な共通点があるんですね。

 

そのキーワードは・・・ボーダーシャツ♪

 

f:id:rintaro95:20151123125929p:plain      f:id:rintaro95:20151123125718p:plain

 

ボーダーシャツと言えば世代を超えての定番アイテムですね。

 

イギリスのロンドンにある「ボー・ダ・ボー」という刑務所の囚人服の柄が発祥だと言われていますが、これには諸説あるようですね。

 

その後フランス海軍が制服に採用し、一般的に知られるようになったアイテムです。

 

ただマリンテイストが強いアイテムなので、子供っぽく見えそうで・・・。

 

それが大人世代がボーダーシャツを敬遠する理由になっているようですね。

 

しかし上手く取り入れることによって、ボーダーシャツも立派な大人のアイテムに変身します。

 

ポイントはシックなモノトーンコーデに効かせること!

 

    

        f:id:rintaro95:20151123132608p:plain

 

ネイビージャケットにグレイパンツという大人の王道コーデに、細いピッチのボーダーでカジュアルダウン。40代以上のボーダー使いにはお手本のようなコーデですね。

 

 

    

           f:id:rintaro95:20151123132918p:plain

 

またタートルネックにすればマリンテイストが強くなり過ぎず、大人っぽく着こなすことが出来ますね。

 

定番アイテムとなったボーダーシャツ、様々なブランドが展開していますが、どれをチョイスしたらいのか?

 

因みに私が愛用しているのはノルマンディーの「セント・ジェームス」

 

        f:id:rintaro95:20151123134528p:plain

 

 

 

ボーダーシャツと言えば真っ先に名前が上がるのが「セントジェームス」ですね。

 

縫製がしっかりしていて丈夫で着心地が良く、少し厚手なのでこれからの季節にはインナーとして役立ちますね。

 

セントジェームスと言えばボーダーシャツのイメージが強いですが、ソリッド(無地)のシャツもおススメです。

 

 

 

 

そして「セントジェームス」に劣らず人気なのがリヨンの「オーチバル」

 

          f:id:rintaro95:20151123140127p:plain

 

上の画像でピカソが着ているのが「オーチバル」のボーダーシャツですね。

 

ピカソはセントジェームスとオーチバルどちらも愛用していたそうですが、写真で見る限りオーチバルの方をより愛用していたようです。

 

セントジェームスに比べて少し細身に作られているので、タイトに着たい方におススメです。

 

 

 

 

 

もうひとつはブルターニュの「ルミノア」

 

         f:id:rintaro95:20151123141937p:plain

過去フランス海軍にウェアを提供していたブランドで、その品質はお墨付きですね。

 

100%コットンの生地は「ルミノア」が自社で織っておりその肌触りにはは定評があります。商品のバリエーションの多さも魅力のひとつですね。

 

 

 

        

 

 

これらがよく知られているボーダーシャツの三大ブランドと言ってもいいと思います。

 

違いは「セントジェームス」と「ルミノア」は生地が縦に縮み「オーシバル」は横にッ縮むくらいで、クオリティーはどれも上質でどれをチョイスしても間違いないでしょう。

 

ボーダーは取り入れるのに比較的難易度の低いアイテムです。

 

すこしひねってさり気なく取り入れると「大人のこなし感」と演出してくれますね。

 

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.j

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

広告を非表示にする