食すスイーツ♪「ブリジェラ」にスイーツ苦手な私が行ってみた!

スポンサーリンク

                    f:id:rintaro95:20151004081156j:image

 
 
スイーツの一種であるジェラートを食事のように食べるという、日本初の新しいスタイルのお店「Bri+gela」(ブリジェラ)!
 
 
店名はお店で提供される商品「ブリオッシュ・コン・ジェラート」を略したもので。
 
 
ジェラートを焼きたて熱々のブリオッシュに挟んで食べるという、イタリアのシシリーではメジャーな食べ方だそうです。
 
 
5月3日に清澄白河にオープンした1号店は開店当日から行列が出来たそうで、8月30日に2号店がお台場にオープン。
 
 
我が家の女性陣はすでにオープン直後に行ったそうで、帰ってからも「美味しかったぁ」を連発しておりましたが私はさして興味もなく「ふーん」と生返事を
するだけでしたね。
 
 
何を隠そう私はスイーツが嫌いというか苦手です。ケーキを食べるならビールを!
 
 
大福やおはぎを頬張るならもう一杯ビールを!という生き方をこれまで貫いて
来たのでありまして。
 
 
自宅でスイーツを食し喜んでいる女性陣をナナメに見ながら「いい年の男が
甘いものなんか食べられっかい!」とウイスキーなんぞをあおっていたのであります。
 
 
それが先日買い物帰りに何か冷たいものでもということになり、もちろん私の
中では「冷たいもの」と言えばビールしかないのですが「まぁまぁとりあえずここで」と連れて行かれたのが「ブリジェラ」だったという訳でして・・・。
 
 
ひとりならまず絶対に来ることがないであろうお店に来たのも何かの縁。
 
 
「ここまで来たら腹をくくって食すスイーツとやらを味わってみようやないか!」
 
 
何故か鼻息も荒くカウンターへと向かったのでした。ここで注文するわけですが
置いてあったのはレジではな「iPad」に「iPod touch」!なかなかオシャレ♪
 
                    f:id:rintaro95:20151004101951j:image
 
 
何でも温暖なシシリーでは、暑さで食欲がないときにジェラートをブリオッシュに挟んで食事代わりに食べるのはごく普通のこととか?
 
 
するとかのドン・コルレオーネのような、アッチ系の方々も食べているのか・・・。何か想像しにくいなぁ。
 
 
しかもブリジェラのジェラートは冷凍フルーツではなく、生のフルーツを使用。
 
 
その甘さを活かすために砂糖は控えめで、乳脂肪分も低いので低カロリーで栄養価が高く素材は国内産、着色料、香料、保存料無添加をモットーとしているそう。なかなかやりますね。
 
 
私の中では甘〜いソフトクリームをパンに挟んであるだけの食べ物と言うイメージがあったのですが。
 
 
どうやらそうではなさそうだとは思ってはみても、やっぱりスイーツだからという思いも捨てきれない複雑な心境でした。
 
店頭にはジェラートの数々!
 
                    f:id:rintaro95:20151004102905j:image
 
店内はこんな感じです。
 
                    f:id:rintaro95:20151004102929j:image
 
                    f:id:rintaro95:20151004102942j:image
 
そして注文は季節限定のパンプキン♪
 
                    f:id:rintaro95:20151004103119j:image
 
定番のヘーゼルナッツ♪
 
                    f:id:rintaro95:20151004103230j:image
 
そして私はお酒の次によく飲むコーヒーをチョイス♪
 
                    f:id:rintaro95:20151004103250j:image
 
ブリオッシュは焼きたてらしくやはり熱々でした。しかしこの期に及んでもまだスイーツ対する警戒心が私の手を止めたまま…。
 
女性陣といえば早速かぶりつき「美味しい〜」至福の表情を。
 
「ジェラートが溶けないうちに早く食べな、美味しいよ〜」と言う声に促されながらも、大の男がこんな甘いものをなぁ、いくら食すと言ってもスイーツなんか美味しいって………ほんまや!
 
コーヒーをチョイスしたからか、確かに甘さは控えめで、何より熱いブリオッシュと冷たいジェラートがこんなに違和感なくピッタリ合うとは思いませんでした。
 
 
シシリーの皆さんごめんなさい!ドン・コルレオーネ様ヒットマンだけは勘弁くだせぇ、と心で詫びながらあっという間に1個完食!
 
女性陣は「もっと食べたい~!あとふたつくらいは食べられるね」と私に同意を
求めて来ましたが・・・間にビールをはさんだらあとひとつは食べられそうでした(笑)