読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分流儀のダンディズム♪

ファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

川崎で「ニュータンタンメン」を食べ南極に思いを馳せた???

レストラン・飲食店
スポンサーリンク
f:id:rintaro95:20150924180412j:image

 

 

「ひかる人財プロジェクト」さんのブログ♪

各地のおいしいお店やためになる資格の記事など、読者登録していつも楽しく拝読させて頂いてますが気になっていたのはこの記事!

↓  ↓  ↓

hikarujinzai.hatenablog.com

 

DEEPという言葉がなんともソソられます!

 

そして偶然にもうちの奥さんが、ずっと以前川崎に住んでいたこともあり連休最終日の今日「そうだ!川崎に行こう!」

 

そんな訳で朝から川崎に行って来ました。川崎と言えばまずは「川崎大師」へ!

 

       f:id:rintaro95:20150923213159j:plain

 

弘法大師にご挨拶を。

 

       f:id:rintaro95:20150923213605j:plain

 

金木犀が香りすっかり秋の気配ですね。

 

        f:id:rintaro95:20150923214142j:image

 

仲見世でわらび餅を購入。

 

        f:id:rintaro95:20150923214420j:image

 

そして軽い朝食をと言うことで、うちの奥さんオススメの思い出のお店へ。

 

まだあるのかな?と心配そうでしたが…ありました!

 

        f:id:rintaro95:20150923214604j:image

 

お米屋さんですが、隣の店舗でおにぎりを売っています。焼きたらこと明太子を購入。

 

        f:id:rintaro95:20150923214750j:image

 

これはほんとに美味しかった!とにかくご飯のツヤと炊き上がりが絶品!さすがお米屋さんですね。

 

これで1個120円!幸先のいいスタートです。

 

その後市内をゆっくり車を走らせながらグルグル周り、やがてお昼になったのでムフフと笑いながらお目当ての店へ!

 

ここです!

 

        f:id:rintaro95:20150924081900j:plain

 

12時5分過ぎに到着しましたが、祝日のせいかすでに店の前には人だかりが・・・その段階ですでに10組待ちでした。

 

駐車場も満杯で驚いたのが「川崎」は当然として「横浜」「品川」「練馬」「相模」「とちぎ」なと車のナンバーの多彩さ!

 

う~ん遠くからも来られているんですね。否応なしに期待が高まります。

 

待つこと約20分、ようやく店内へ!

 

       f:id:rintaro95:20150924082039j:plain

 休日はやはり家族連れが多かったです。

 

       f:id:rintaro95:20150924104358j:image

 

売り物はやはりニュータンタンメン!好みの辛さを選ぶことが出来るんですね。辛い物好きの私は迷わず「大辛」をチョイス。

 

そして豊富なサイドメニューから餃子。

 

       f:id:rintaro95:20150924104927j:image

 

それにプリプリ海老のマヨネーズ和えを。

 

       f:id:rintaro95:20150924105004j:image

 

そしてやって来ましたニュータンタンメン大辛!

 

       f:id:rintaro95:20150924105043j:plain

 

                 

 

思った以上のボーリュームですね。付いているレンゲがデカっ!

 

       f:id:rintaro95:20150924144533j:image

 

麺はストレートの太麺。

 

       f:id:rintaro95:20150924144647j:image

 

スープはどうやら牛骨のようで、タンタンメン特有の胡麻の香りはほとんどせず、味のベースは塩のようですね。

 

くせのない味でしつこさはなく、ひき肉とニンニク、ニラに溶き卵が程よくマッチして飽きのこない味に仕上がっています。

 

ポピュラーな味のタンタンメンとは違ってこれはこれでひとつのカテゴリーですね。

 

私は大辛をチョイスしましたが、辛さはやや物足りない感じでした。辛い物好きな方はめちゃ辛でも充分イケると思います。

 

是非チャレンジしてみて下さい!

 

タンタンメンに満足してさて帰ろうかと車を走らせていると、目に付いたのがこの建物。船の科学館」♪

 

       f:id:rintaro95:20150924145812j:image

 

もう何度も前を通っていますが、未だに入ったことがないので時間もあるので行ってみるかな?と予定変更。

 

ここの売り物は映画になった、南極観測船宗谷」の中を見学出来ることだそうです。

 

映画ではタロとジロ二匹の犬が一躍有名になりましたね!

 

まずは展示館へ。尖閣諸島がありました!

 

       f:id:rintaro95:20150924161205j:image

 

その通り!

 

       f:id:rintaro95:20150924161218j:image

 

尖閣諸島の漁師さん達は安保法案可決を喜んでられるとか。 

 

竹島ももちろんありました。

 

       f:id:rintaro95:20150924175912j:image

 

これまたその通り!

 

そして宗谷の中を見学に。

        f:id:rintaro95:20150924180036j:image

 

 

       f:id:rintaro95:20150924180054j:plain

 

甲板からお台場のキリンが見えました。

 

      f:id:rintaro95:20150924180221j:image  

 

そしていよいよ中へ!

 

       f:id:rintaro95:20150924180310j:image

 

ここは士官の食堂兼会議室です。

 

       f:id:rintaro95:20150924180350j:image

 

機関長寝室。

 

       f:id:rintaro95:20150924180412j:image

 

そしてお風呂。

 

       f:id:rintaro95:20150924180453j:image

 

これはなんと!数千年前の南極の氷の実物です!

 

       f:id:rintaro95:20150924180532j:image

 

       f:id:rintaro95:20150924180602j:plain

 

士官の寝室。最後の乗船時でしょうか?壁に宗谷に向けてメッセージが残されていました。

 

     f:id:rintaro95:20150924180659j:image  

 

そしてこれが宗谷のメインエンジンです!

 

       f:id:rintaro95:20150925073758j:image

 

調理室。乗員130名の食事を12名で作っていたそうです。「南極料理人」というエッセイも映画化されましたね。

 

       f:id:rintaro95:20150925074006j:image

 

やはりいました!タロとジロ!発見された時は日本中を感動させたそうですね。アザラシやペンギンを食べていたそうですが、凄い生命力です。

 

       f:id:rintaro95:20150925074605j:image

 

そして治療室。船内で病気になったら大変だったでしょうね。

 

       f:id:rintaro95:20150925074652j:image

 

こちらは通信室。時代を感じさせます。

 

「そうだ!川崎に行こう!」から何故か南極に思いを馳せるという、何だか訳の分からない一日でしたが、それでも楽しい一日でした。

 

 

面白南極料理人 (新潮文庫)

面白南極料理人 (新潮文庫)

 

 

 

面白南極料理人 名人誕生

面白南極料理人 名人誕生

 

 

 

南極料理人の使いきりレシピ

南極料理人の使いきりレシピ

 

 

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp