読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分流儀のダンディズム♪

ファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

自分テイストのフレーム選びでメガネも重要なアイテムに変化します!

メンズファッション
スポンサーリンク

 

 

news.mynavi.jp

 

 メガネは上手く使えば、立派なファッションアイテムとして武器になりますね。

 

同じタイプのモノをずっとかけ続ける・・・それはもう昔の話し。

 

今はメガネもTPOによって着替える時代です!

 

それには自分に合ったフレームをチョイスしたいですが、どういう基準で選べばいいのでしょうか?

 

まずフレームのタイプのおさらいをしてみましょう!

 

スクェア♪

      スクエア.jpg

 

横長のフレームで顔を引き締め、ややクールなイメージですね。

 

ハーフリム♪

     ハーフリム.jpg

 

レンズの下のリムがないタイプ。クラシコスタイルのスーツとも相性ピッタリです。

 

ウェリントン♪

        ウエリントン.jpg

 

オシャレな人がよくかけているタイプですね。女性にも好まれファッション性が高いですが、フォーマルには合わないかも。

 

ボストン♪

 

        ボストン.jpg

 

70年代にボストンで流行したタイプで、今年ひそかにブームのフレームです。

 

フレーム選びのポイント♪

 

どのタイプをチョイスするかですが、ポイントはフェイスラインに合わせること!

 

髪の生え際や眉のラインにフレームを合わせることによって、ナチュラルな感じが出て似合う要素が多くなります。

 

又ウィークポイントをカバーするフレームをチョイスすることも大事な要素のひとつです。

 

丸顔の人は縦幅の浅いフレームがシャープに見えます。

 

逆に面長の人は縦幅の広いものをチョイスするのが無難です。

 

太めの黒縁メガネはシンプルな顔立ちにアクセントを付け小顔効果も!また小ぶりのフレームは知的な印象を与えてくれます。

 

メガネで人に与える印象は変わりますが、バリエーションはあまり増やさず自分らしいテイストを決めたらその範疇で変化を楽しむ。

 

そんなメガネの活用が人により良い印象を与えます。

 

そしてミドルエイジにとって簡単で優しいメガネがあります。

 

それはメタルフレームのメガネです♪

 

繊細な表情ですーつとの相性も抜群!

 

          リチャード・ギア.jpg

 

       ジャン・レノ.jpg

 

         クラプトン.jpg

 

リチャード・ギアやジャン・レノ、エリック・クラプトンもメタルフレームで渋さと艶を演出しています。

 

私は基本的にスクェアタイプのメガネが多く、その中で少しニュアンスを変え楽しんでいます

 

人にプレゼントしたり処分したりで数はかなり減りましたが、今はこれらのタイプをその日の気分で変えています。

 

     002.JPG

 

ミニマリストの方が見たら激怒するような写真ですね(笑)

 

メガネもスタイルを変え、自分を引き立たせ好印象を与える。

 

そんなアイテムとして使いたいですね

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp