極私的セレクション♪若いころが美しすぎる7人の女性たち海外編!

スポンサーリンク

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

私が一番映画をよく観たのは10代後半から20代にかけて。

 

その頃は名画座がいくつかあり、2本立てや3本立てで安く観られたこともあり、年間150本くらいは観ていたと思います。

 

洋画邦画問わずに、まだ自分が生まれる前の古い名画や、MGMのミュージカルを知ったのもこの頃で。

 

古い映画ファンと話すと「君は年をごまかしてへんか?」とよく言われたものでした。

 

前回の記事は日本の女優さんでしたが、今回は今も印象に残る若いころ美しすぎる女優さん海外編です。

 

       f:id:rintaro95:20150720114617j:plain

オリビア・ハッセー

 

ゼフィレッリ監督の「ロミオとジュリエット」を兄と一緒に観たのが、確か小学校3年生の頃。

 

その切ないストーリーはもちろんですが、それよりもオリビア・ハッセー美しさに子供ながら目を奪われたことを、今でもハッキリと覚えています。

 

その後女優さんとしては大成したとは言えないですが、日本では布施明さんとの結婚で話題になりましたね。

 

初めてファンになった外国の女優さんで、今も印象深い方です。

 

        f:id:rintaro95:20150720115625j:plain

シド・チャリシー

 

数多くのMGMミュージカルで、フレッド・アステアジーン・ケリー相手役を務めたのがシド・チャリシー。

 

彼女を最初に知ったのはジーン・ケリーの「雨に唄えば」、そしてアステアと共演の「バンドワゴン」「絹の靴下」「いつも上天気」など。

 

171cmの長身で手足が長く、スタイル抜群でそのダンスはMGMでもエレガントさでは群を抜いていましたね。

 

また当時その足に500万ドル(!)の保険を掛けたことでも有名で、アステアが自伝の中で激賞するほど素晴らしいミュージカル女優でした。

 

       f:id:rintaro95:20150720120514j:plain 

ゴールディ・ホーン

 

今ならキャメロン・ディアス、90年代はメグ・ライアン

 

そして80年代を代表するコメディエンヌだったのがゴールディ・ホーン

 

私が最初に観たのがウォーレン・ベイティの「シャンプー」。

 

そしてチェビーチェイスと共演の「ファール・プレイ」とアメリカ映画お得意のコメディー路線で活躍した女優さんですね。

 

しかし「サボテンの花」でアカデミー助演女優賞を受賞しているように、演技力も確かなものだったようですね。

 

日本で言えば若き日の加賀まりこさんのような、コケティッシュな魅力をもった女優さんでした。

 

        f:id:rintaro95:20150720122120j:plain

グレース・ケリー

 

美しいと言えば必ず名前が上がるのがグレース・ケリーですね。

 

「クール・ビューティー」という言葉は、彼女の気品溢れた美しさから生まれた言葉だと言われています。

 

グレース・ケリーと言えば、私はやはりヒッチコック作品が印象深いですね。

 

「裏窓」「ダイヤルMを廻せ」「泥棒成金」どれも傑作でした。

 

そして何と言ってもモナコ大公レーニエ3世との結婚で、モナコ公妃となったことは当時ビッグニュースだったそうです。

 

自動車事故でお亡くなりになったは残念でしたね。世界中のファンが悲しみました。

 

       f:id:rintaro95:20150720123428j:plain

カトリーヌ・ドヌーブ

 

フランスを代表する美人女優ですね。「シェルブールの雨傘」や「昼顔」などが代表作ですが。

 

オマー・シャリフとの共演した「うたかたの恋」を観たときは、なんと美しい!と思ったことをよく覚えています。

 

日本では「ブルボン」のCMに出演されていましたね。

 

        f:id:rintaro95:20150720124253j:plain 

ナタリー・ウッド

 

恋人たちの予感」でメグ・ライアンを初めて見たときナタリー・ウッドに似てる!」と思ったのを覚えていますが、

 

アメリカ人に好まれるタイプなんでしょうね。

 

私の大嫌いなミュージカル(笑)「ウエストサイド物語」のヒロイン役で有名な女優さんですね。

 

ジェームス・ディーンとの「理由なき反抗」が彼女を知った最初の作品ですが、ジョン・フォードの「捜索者」や「若草物語」も印象的でしたね。

 

43歳で水死されましたが、事故か殺人なのか話題になりました。

悲しい事件でしたね。

 

      f:id:rintaro95:20150720125859j:plain

オードリー・ヘップバーン

 

トリを取るのはこの人しかいませんね!

 

ウィリアム・ワイラー監督が「ローマの休日」のアン王女役のスクリーンテストでオードリーをひと目見て「この娘だ!」と叫んだのは有名なエピソードですが。

 

私は今でもオードリーを一番美しく撮ったのは「麗しのサブリナ」と「昼下りの情事」のビリー・ワイルダー監督だと思っています。

 

両作品ともいわゆるロマンチックコメディーですが、「可憐」という言葉がピッタリの、彼女の魅力を最大限に引き出した作品だと思います。

 

最近では孫娘のエマ・ファーラーがオードリーにそっくりの、美しさだと話題になりました。

 

いつまでも輝きを失わない永遠の女優ですね!

 

海外の美人女優なのにM.MもB.Bも出て来ないのはけしからん!

 

そんな意見もおありでしょうが、今回も前回同様あくまでも極私的に選んでみたので、ご了承下さい!

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

 

rintaro95.hateblo.jp

 

 

rintaro95.hateblo.jp