読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分流儀のダンディズム♪

ファッション、映画、小説、音楽好きなことを好きなように語ります。

やっぱりそうか!OVER40のモテオヤジに共通する7つのポイントを考察してみた☆

「男が本当に好きなものはふたつ、危険と遊びである。そしてまた男は女を愛するが、それは遊びなかで最も危険なものであるからだ」ニーチェ。 以前「チョイ不良(ワル)オヤジ」なんて言葉が流行しましたが、年齢を重ねるにつれて渋さに磨きがかかって輝きを…

ダンディーからメトロセクシャルへ!艶っぽい男を目指すため意識したい10のポイント♪

「ダンディーの輝きは昇る朝日のごときではなく、沈む夕日のごときである」 シャルル・ボードレール。 18世紀後半からイギリスで英国紳士のファッションが定着し始めた頃、その枠にとらわれることを嫌い自分なりの美意識を持ち、男のオシャレに価値をもたら…

宝塚歌劇団の「ブス25箇条」当たり前だがとても大切なことだと思う件について♪

宝塚歌劇団のモットーは皆さんご存知の「清く正しく美しく」 これは創設者小林一三氏が歌やダンス演劇はもちろん礼儀やマナーをわきまえ、ひとりの女性として社会人としての品格を失わないようにと贈った言葉だそうです。 しかしこの教えとは別にもうひとつ…

私がお台場でまだまだ消耗しない7つの理由♪

元々ハズミで生きて来た私ですが、ひょんなハズミで京都と東京行ったり来たりの生活になって約3年。 今年もこのペースでは年に半年は東京の生活になりそうです。 そんな中いつも拝読しているブログに貼られていた「京都」のことが書かれた記事を発見しました…

極私的セレクション♪若いころが美しすぎる7人の女性たち海外編!

View image | gettyimages.com

やっぱりそうか!文字を見せれば分かる簡単関西人ホイホイ♪

「奈良健康ランド」 「別寅」 「松本引越しセンター」 「ホテルニューアワジ」 「関西電気保安協会」 「びわ湖温泉ホテル紅葉」 「ハナテン中古車センター」 「京橋はええとこだっせ、グランシャトーがおまっせ」 「インテルナキタムラ」 「冠婚葬祭セレマで…

「大切に持ち続ける」ことによって得られる充足感も確かにある!

若い頃は物欲のかたまりでしたが、年齢を重ねて来ると・・・まだ止まないですねこれが(笑) ただ無駄なものに囲まれて生活している訳ではありません。 自宅も必要なものしか置いていない至ってシンプルなものです。 普段さして贅沢することもなく、割と質素…

女性向けのコラムはプロレスである!

View image | gettyimages.com

「泣こかい 飛ぼかい 泣こよっかひっ翔べ!」

私は何か事をを始めるとき、いつも心に浮かぶ座右の銘とも言うべき言葉があります。 「泣こかい 飛ぼかい 泣こよっかひっ翔べ」 元々は薩摩の子供たちが、高いところから飛び降りる時飛ぼうかどうか考えて、恐いと泣くまえに思い切って飛んでしまえ! そんな…

カフェでノマドだぁ?こっちは純喫茶で作業中だ!

ノマド=英語で「遊牧民」の意。近年IT機器を駆使してオフィス以外の様々な場所で仕事をする。新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。 確かに今やすっかりお馴染でブログでも、頻繁に目にするようになった「ノマド」。 初めて聞いた時「ノマド?何…

女性向けの恋愛コラム!熱すぎる3つのパターン♪

女性向けの恋愛コラムが熱い! 日毎ネット上では様々な情報が配信されていますが、熱さという点において、女性に向けた恋愛コラムは相当のものですね。 これでもか!と怒涛の勢いでサバイバルゲームの如く、恋愛を生き抜く「術(すべ)」を伝授しています。…

人は継続することによって成功の半分を手にしているのか?

自らの成功の秘訣を「運が良かったから」と語るビジネスマンがよくおられますね。 それを聞いて「冗談じゃない!こんなに一所懸命努力しているのに、運のひと言で片付けてほしくない!」という意見も当然あると思います。 「成功」の定義は人それぞれあるか…

おっさん達の「フィールド・オブ・ドリームス」!草野球少年が復活した日♪

View image | gettyimages.com 始まりは友人たちとの居酒屋での他愛のない会話でした「野球でもやりたいな」・・・。 「野球か!いいなぁ、終わったあとのビールが美味いで」 「最近体動かしてないからな、動いたあとはビールが美味いで」 「サウナと運動し…

極私的セレクション♪若い頃が美しすぎる7人の女性たち!

お年を召した女性とお会いして、話している時などに、「この人若い時は、さぞや綺麗だっただろうなぁ」と思わせる方がおられますね。 今テレビや映画などで活躍されている女優さんや、タレントさんもそう思うかたが沢山おられます。あくまでも極私的に思い浮…